メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツが7年ぶり新規国債発行 18兆円規模 新型コロナ拡大で支援策

営業を停止したドイツ・シュツットガルトの野外レストラン=23日、AP

 ドイツ政府は23日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、2020年補正予算で7年ぶりに新規国債を発行すると発表した。発行規模は1560億ユーロ(約18兆円)。このうち335億ユーロを税収減の穴埋めに使い、残りを小規模事業者の経営支援策などに充てる。これまでドイツは財政規律を重んじてきたが、新型コロナウイルスによる経済への打撃が大きいことから方針転換を迫られた。

 「前例のない支援策で危機に立ち向かう」。ドイツのショルツ財務相は23日発表の声明でこう強調し、当面は財政規律よりも景気の下支えを優先する意向を表明した。

 自営業者や従業員10人以下の企業を対象に、最大1万5000ユーロの一時金を支払うほか、ワクチンの開発や医療用品の調達などを支援する。こうした財政支出とは別に、企業が資金の借り換えをしやすくするための政府保証枠や、政府系の金融公庫による資金繰り支援の融資枠を創設することなど、最大6000億ユーロ規模の経済対策も講じる。

 ドイツでは世界的な需要減や部品供給の停止などで基幹産業である自動車の工場が相次いで生産を一時停止。経済活動に…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです