メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GPIF、外債比率を25%に大幅増 国内債券は25%に引き下げ 20年度から5年間運用基準

 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2020年度から5年間の運用の基準となる資産構成割合(基本ポートフォリオ)について、国内債券の比率を現行の35%から10ポイント引き下げ、その代わり外国債券の比率を現行の15%から25%に高める方針を固めた。日銀のマイナス金利政策で国内債券の収益性が落ちているためで、国内株式と外国株式は現行の各25%の比率を維持する方針だ。

 基本ポートフォリオの見直しは、前回の14年10月以来、5年半ぶり。厚生労働相の認可を得て、今月末に公表される。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです