メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3月前半の百貨店売上高、足元4割減 過去最悪ペース 新型コロナ、小売り直撃

百貨店の入り口に張られた営業時間短縮のお知らせ=大阪市北区の阪急百貨店梅田本店で2020年3月1日午後4時6分、小松雄介撮影

 新型コロナウイルスが小売業界を直撃している。日本百貨店協会は24日、3月前半の百貨店売上高が過去最悪ペースの前年同月比約4割減だと明らかにした。コンビニやスーパーではマスクなどの買いだめ需要があったものの、感染拡大の終息が見えない中で、小売業界全体が消費の低迷に懸念を強めている。

 同協会が百貨店約20社を対象にした3月17日現在の聞き取りによると、売上高総額は約40%、免税売上高は約80%それぞれ減少。月間の全国売上高が40%減となれば、前年の消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減があった1998年3月(20.8%減)を上回る過去最悪の下げ幅となる。

 東京都内で記者会見した同協会の山崎茂樹専務理事は「リーマン・ショックや東日本大震災を超える大逆風だ」と述べ、新型コロナウイルスの感染拡大に強い危機感を表明。政府に対し、中小取引先や地方百貨店への支援のほか、所得税減税などの家計支援を含めた景気刺激策を講じるよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです