メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国ウイルス」呼称は人種差別助長 国連報告者「公職に就く人の発言に失望」

トランプ氏=AP

 人種差別問題を担当する国連の特別報告者のアチウメ氏は23日、新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼ぶトランプ米大統領らの発言は、差別や外国人排斥を助長しかねないとして、こうした呼称を使用しないよう戒める声明を発表した。

 アチウメ氏は「米大統領をはじめとする、国の公職に就いている人たちが、新型ウイルス感染症に別の名前を付けていることには失望する」と表明。「こうした無責任で差別的な言葉遣いは、ささいな問題ではない」と不快感を示し、世界各地で東アジア系の人々に対する侮蔑的な発言や暴力を実際に引き起こしているとして、使用しないよう求めた。

 麻生太郎副総理兼財務相も記者会見で「武漢ウイルスなるもの」と発言している。

 一方、トランプ氏は…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです