メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ世界的大流行が「加速」 WHO事務局長、危機感訴え

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長=AP

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は23日の記者会見で、世界全体で感染者が35万人を超えるなど、拡大局面が続く新型コロナウイルス感染症について「パンデミック(世界的大流行)が加速している」と述べ、改めて危機感を示した。感染者はイタリアが約6万4000人(死者6000人超)、米は約4万3000人(同530人超)、スペインは3万3000人超(同2000人超)。

 テドロス氏は各地で感染者の治療に当たる医療従事者が必要としているマスクや手袋などが不足している事態の改善に向け、今週開催予定の主要20カ国・地域(G20)首脳の緊急テレビ電話協議で協力を訴えると表明。「増産と輸出禁止措置の解除に加え、必要としている所に確実に行き渡るようにすることを求める」とした。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. こんな時どうするQ&A 消毒用エタノールがない 塩素系漂白剤で代用 手には使えず

  3. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  4. こんな時どうするQ&A 不織布マスク 洗って再利用 破れたら絶対使わない

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです