メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ死者、米で初めて1日100人超す 感染者数はスペイン抜き世界3位に

従業員の在宅勤務を義務づけ、不要不急の外出を控えるよう求める「外出禁止令」が始まり、閑散としたタイムズスクエア=米ニューヨークで2020年3月22日午後8時57分、隅俊之撮影

 米メディアは23日、米国内で新型コロナウイルスによる1日の死者数が初めて100人を超えたと報じた。トランプ大統領は感染拡大防止のために実施している外食や旅行などの自粛要請について「いつまでも続けているわけにはいかない」と発言。経済への打撃を懸念し、早期に解除したい考えを示したが、危機収束の兆しは見えていない。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、日本時間24日午後の時点で米国の感染者数は4万6481人、死者数は593人。感染者数でスペインを抜いて世界第3位になった。今後、感染確認が突出する東部ニューヨーク州などで、医療品や検査・治療にあたる要員の不足が深刻化する懸念がある。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 大阪市北区、中央区で時短要請 対象2万5000店 15日間応じた店に協力金

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです