メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 北海道内3社目の倒産 飲食店「半田屋」FC展開の企業 客減少で

 北海道内で「大衆食堂半田屋」のフランチャイズチェーン(FC)展開をしている「セブンレストランシステム」(石川浩一代表、札幌市中央区)が20日、事業を停止し、事後処理を弁護士などに一任した。帝国データバンク札幌支店によると、新型コロナウイルスの感染拡大により来店客が減少したことが要因で、負債額は約1億3000万円。新型コロナウイルスの影響による倒産は道内では3社目だが、札幌市では初めて。

 同社は2007年9月に設立。「やすくておいしいものをお腹(なか)いっぱいに」をモットーにする「半田屋」(仙台市)のフランチャイズ店として、「半田屋西線南七条店」と「半田屋新道丘珠店」の2店舗を運営していた。低価格で量が豊富なことから、学生や家族連れ客らを顧客層とし、09年には栃木、福島の両県に店舗を展開。10年8月期には年売上高約3億3900万円を計上していた。

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです