LGBT当事者「念願だった」--徳島市「パートナーシップ宣誓制度」事前予約開始

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
市職員から手続きの説明を受ける長坂さん(手前右)とパートナーの男性=2020年3月23日午前8時44分、国本ようこ撮影
市職員から手続きの説明を受ける長坂さん(手前右)とパートナーの男性=2020年3月23日午前8時44分、国本ようこ撮影

 徳島市は23日、LGBTなど性的少数者のカップルを公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」の事前予約を開始した。導入は4月1日からで、県内初。四国では香川県三豊市に続く2例目となる。

 LGBTの当事者などでつくる市民団体「レインボーとくしまの会」が導入を求めて2019年9月の市議会へ陳情し、同年12月に採択された。対象は市内在住か転入予定で、一方または双方が性的少数者などのカップル。法的効力はなく、税金の配偶者控除などは受けられないが、一部の事業者で携帯電話の家族割引…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集