メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兄弟都市50年の絆 横の糸は鶴岡、縦の糸は鹿児島 絹のタペストリー合作 山形

タペストリーを贈った鶴岡織物工業協同組合の氏家昇一理事長(左)と皆川治鶴岡市長=山形県鶴岡市役所で2020年3月23日、長南里香撮影

 戊辰(ぼしん)戦争を縁に「兄弟都市盟約」を結んだ山形県鶴岡市と鹿児島市の盟約50周年にちなんだ絹のタペストリーが完成した。鶴岡織物工業協同組合の氏家昇一理事長(73)らが23日、同市役所を訪れ、皆川治市長に寄贈した。

 両市の絆を形にしようと、鹿児島市が鶴岡市に呼び掛けて実現した。タペストリーは縦2メートル、横0.7メートルで、縦糸に鹿児島産の大島紬(つむ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです