特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

光り輝く半人半魚、くちばしのような口…水木しげるも描いたアマビエ、現代によみがえる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水木しげる記念館入り口に展示された妖怪「アマビエ」のパネル=鳥取県境港市本町で2020年3月19日午後1時7分、小坂春乃撮影
水木しげる記念館入り口に展示された妖怪「アマビエ」のパネル=鳥取県境港市本町で2020年3月19日午後1時7分、小坂春乃撮影

 世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの終息の見通しが立たない中、疫病流行を予言するといわれる“妖怪”に注目が集まっている。妖怪漫画の第一人者である故・水木しげるさんの作品を扱う「水木プロダクション」が、生前描いた妖怪の姿をツイッターで投稿。その後も漫画家やイラストレーターらが終息を願いソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に画像を投稿する動きが相次いでいる。

 妖怪の名は「アマビエ」。光り輝く半人半魚姿で、くちばしのような口を持つ。伝承では、江戸時代に今の熊本県沖に現れて「病気が流行するので、人々に私の姿を写した絵を見せるように」と疫病の発生を予言し海中に消えたとされる。水木プロは17日に「現代の疫病が消えますように」との言葉を添えて画像をアップした。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文725文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集