メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森田知事の「情報収集不適切」 千葉県が災害対応検証報告書

森田健作・千葉県知事

 2019年9月9日に上陸した房総半島台風(台風15号)など一連の災害対応を検証した千葉県は24日、報告書をまとめた。専門家らの検証会議の議論を踏まえ、森田健作知事が災害対策本部や知事公舎を公務外の用事で度々離れたことについて「適切とは言えず、災害に最適な対応がとれる態勢をとるべきだった」と批判。知事は「自身の行動を含め県の対応に対する指摘を踏まえ、今後の防災対策の充実、強化に取り組む」とコメントした。

 報告書によると、知事は19年9月9日、千葉市中央区内の公舎に終日とどまり、災害対策本部を設置した同10日に同県芝山町の私邸に立ち寄り周辺を私的に視察したり、本部会議を開いた同11、13日に散髪など私用で東京都内を訪れたりした。報告書は「9日は県庁で迅速に情報収集、指示を出すのが望ましかった」とし、私的な視察についても「必要性、効果、安全を考慮し、公務として実施」すべきだとした。

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです