メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京オリンピック延期 記述変更迫られ 21年度中学教科書検定

東京オリンピック・パラリンピックについて扱ったページ=長谷川直亮撮影

 2021年度から中学校で使用される教科書の検定結果が24日公表された。今夏の東京オリンピック・パラリンピックに関連するページが社会や数学、保健体育など多くの教科に入ったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開催の延期が突然決まり、教科書会社は記述の変更を迫られそうだ。「これほどの規模での社会的変化があること自体がまれ」(文部科学省担当者)で訂正の量は前例のない規模になる可能性がある。

 東京五輪関連の記載は、形の異なる四角形を組み合わせたエンブレムの構造を解き明かす(数学)▽新国立競技場の建築技術と持続可能な社会について考える(技術)――など。大会後のレガシー(遺産)についての記述もある。日本文教出版は地理で東京への一極集中についてディベート(討論)する探究学習のページを設けるなど複数の教科で東京五輪に触れた。

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです