メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「集団感染」「都市封鎖」ではだめ? 河野防衛相、新型コロナのカタカナ多用に一石

河野太郎防衛相=宮本明登撮影

 「クラスター」は「集団感染」ではだめなのか――。河野太郎防衛相がツイッターで、新型コロナウイルス感染拡大に関連し、カタカナ語が多用されていることに一石を投じ、話題を呼んでいる。

 感染拡大防止に向けた専門家の見方や政府の対応などが連日報道され、カタカナ表記の専門用語も目立つようになったが、分かりにくいという指摘は多い。特に、感染すると重篤化しやすい高齢者に伝わりにくいとの懸念がある。河野氏は「クラスター」を集団感染、「オーバーシュート」を感染爆発、「ロックダウン」を都市封鎖では「ダメなのか」とした上で「なんでカタカナ?」と投稿した。

 河野氏の投稿に対して…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです