メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「集団感染」「都市封鎖」ではだめ? 河野防衛相、新型コロナのカタカナ多用に一石

河野太郎防衛相=宮本明登撮影

 「クラスター」は「集団感染」ではだめなのか――。河野太郎防衛相がツイッターで、新型コロナウイルス感染拡大に関連し、カタカナ語が多用されていることに一石を投じ、話題を呼んでいる。

 感染拡大防止に向けた専門家の見方や政府の対応などが連日報道され、カタカナ表記の専門用語も目立つようになったが、分かりにくいという指摘は多い。特に、感染すると重篤化しやすい高齢者に伝わりにくいとの懸念がある。河野氏は「クラスター」を集団感染、「オーバーシュート」を感染爆発、「ロックダウン」を都市封鎖では「ダメなのか」とした上で「なんでカタカナ?」と投稿した。

 河野氏の投稿に対して…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. ハナマウイ、痛い走塁ミス 初白星ならず 四国銀は13大会ぶり2勝目 都市対抗野球

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです