メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「殺したろか」「ゴミくず」兵庫・飾磨工柔道部で暴言や暴行 著名指導者の顧問ら処分

兵庫県庁=神戸市中央区で2019年3月2日、井上元宏撮影

 兵庫県立飾磨工業高(姫路市)の多部制柔道部で体罰があり部員10人が集団で家出をした問題で、県教委は24日、顧問の三輪光・主幹教諭(55)を停職3カ月、20代の男性臨時講師を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。同部は過去に全国優勝を重ね、三輪教諭はテレビ出演や著書の出版をして「名指導者」として知られていた。

 県教委教職員課によると、体罰は2019年12月、部員10人が体罰を理由に家出し、過去の体罰を訴えたことで発覚した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです