「殺したろか」「ゴミくず」兵庫・飾磨工柔道部で暴言や暴行 著名指導者の顧問ら処分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区で2019年3月2日、井上元宏撮影
兵庫県庁=神戸市中央区で2019年3月2日、井上元宏撮影

 兵庫県立飾磨工業高(姫路市)の多部制柔道部で体罰があり部員10人が集団で家出をした問題で、県教委は24日、顧問の三輪光・主幹教諭(55)を停職3カ月、20代の男性臨時講師を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。同部は過去に全国優勝を重ね、三輪教諭はテレビ出演や著書の出版をして「名指導者」として知られていた。

 県教委教職員課によると、体罰は2019年12月、部員10人が体罰を理由に家出し、過去の体罰を訴えたことで発覚した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文454文字)

あわせて読みたい

ニュース特集