メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京オリンピック 2021年7月23日開幕に決定

日本航空、CAに「ヒールなし」容認「安全・健康配慮」 #KuToo他業界でも

4月から着用されるJALの新制服。客室乗務員用に初めてパンツスタイル(前列左から2人目)も採用し、靴の規定も見直した=東京都大田区で黒川将光撮影

 日本航空(JAL)は4月1日から、女性の客室乗務員(CA)らにヒールのある靴を着用するよう定めていた服装規定を見直す。今後はヒールのないローファーなども可能とする。職場で女性のみにヒールのある靴を強制するルールに対しては昨年、女優でライターの石川優実さんがツイッター上で反対の声を上げ、「#KuToo」というハッシュタグで賛同が広がった。機能性や安全性より「女性らしさ」が重視される職場の慣例を見直そうという動きは、航空業界以外でも広がっている。【塩田彩、中川聡子/統合デジタル取材センター】

 JALは女性CA向けに、初めてパンツスタイルの制服を導入するのに合わせて、靴の規定も見直した。広報部担当者によると、従来はヒールの高さをCAは3~4センチ、地上職員は3~6センチと規定し、デザインも甲が広く開いた「パンプス」と定めていた。変更後は、ヒールの高さをいずれも0~4センチに改め、「黒色でデザインがプレーンなもの」であれば、ローファーなども可能にするという。

 制服の刷新や靴規定の見直しは、社内のワーキングチームで検討され、実際に着用する社員の意見が反映されたという。社員からは「より自分にフィットする靴を選べるようにしてほしい」「作業しやすい靴で業務に当たりたい」といった意見があったといい、担当者は「安全性や健康面も含め、着用する社員の多様なニーズに配慮して取り入れた」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文2388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです