メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ

藤井七段が年度勝率8割台達成 初の3年連続「一局一局全力尽くし結果残せた」

将棋の藤井聡太七段=大阪市北区で2019年12月7日、平川義之撮影

[PR]

 将棋の現役最年少棋士の藤井聡太七段(17)は24日、大阪市福島区の関西将棋会館で指した第61期王位戦挑戦者決定リーグ戦(白組)で稲葉陽八段(31)に129手で勝ち、3勝0敗とした。藤井はこの日の勝利で今年度の通算成績が52勝12敗(未放映のテレビ対局を含む)となり、最終戦を残して、プロ入りから3年連続で年度勝率8割台が確定した(1年目は10勝0敗だが、対局数が少ないため勝率記録は対象外)。

 日本将棋連盟の記録(判明分)によると、過去に中原誠十六世名人(72)と羽生善治九段(49)が2年連続で年度勝率8割台を果たしたが、3年連続は初めて。藤井七段は「記録は全く意識していなかったが、一局一局全力を尽くして結果を残せたのはよかった」と話した。藤井は今年度の勝率1位と勝数1位が確定している。

 王位戦リーグは紅白2組に分かれて各自5局戦い、各組優勝者が挑戦者決定戦を行う。【新土居仁昌】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです