メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前愛媛知事の加戸守行さん死去 85歳 加計学園問題で国会参考人招致も

加戸守行・前愛媛県知事

 前愛媛県知事の加戸守行(かと・もりゆき)さんが21日、骨髄異形成症候群のため亡くなった。85歳。葬儀は近親者で営んだ。お別れの会などは県が遺族の意向を踏まえて検討する。24日、同県の中村時広知事が明らかにした。

 中国・大連で生まれ、愛媛県八幡浜市で育った。東京大卒業後の1957年旧文部省(現文部科学省)に入省。文化庁次長などを歴任したが、官房長在任中の89年に起きたリクルート事件を受けて辞職。日本音楽著作権協会理事長などを経て、99年の知事選で初当選し、3期務めた。

 退任後の2013~15年には、安倍晋三首相直属の「教育再生実行会議」の委員を務めた。17、18年には学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画(愛媛県今治市)に安倍首相の「意向」が反映されたとする疑惑を巡って国会に参考人として招致され、誘致の正当性などを主張した。【木島諒子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです