メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米体操協会も東京オリンピック延期求める 代表選手の多数が支持

夕日に照らされ影が伸びる五輪マークのモニュメント=東京都新宿区で2020年3月23日午後4時56分、大西岳彦撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国体操協会が東京オリンピックの延期を求めていると23日、AP通信が報じた。

 同協会が調査した代表チームの選手で、回答した多数が延期を支持し、その多くは1年の延期を求めている。世界的な感染拡大による健康や安全面での不安に加え、体育館の閉鎖などで通常の練習ができな…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです