メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング元世界4団体王者の高山がプロ復帰 復帰戦は未定

高山勝成=根岸基弘撮影

[PR]

 プロボクシングの世界4団体ミニマム級元王者で、東京オリンピック出場を目指してアマチュアに転向していた高山勝成(36)が24日、日本ボクシングコミッション(JBC)からプロライセンスを再交付されたことを明らかにした。交付は17日付。

 高山は2019年8月に五輪代表選考を兼ねた全日本選手権東海地区選考会で敗れ、東京五輪出場の道が断たれていた。高山は代理人を通じて「新型コロナウイルスの対策をしながら、試合に向けた準備を進めていきます。まずは復帰戦を楽しみにしていてください」とコメント。復帰戦がいつになるかは未定。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです