メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京オリンピックの聖火リレーは中止 当面は福島県にとどめ再開時期を検討

福島駅前で「復興の火」として展示される東京オリンピックの聖火を、間隔を空けて列を作りながらカメラに収める人たち=福島市で2020年3月24日午後2時59分、和田大典撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う東京オリンピックの延期を受け、大会組織委員会は24日、国内聖火リレーの中止を発表した。福島県で26日から始まる予定だったが、2021年の大会延期日程に合わせ、再開時期を検討する。聖火は当面の間、福島県にとどまるという。

 武藤敏郎事務総長は「当面の聖火リレーは白紙。延期された期日が決まれば再開する」と述べ、予定されていたルートを尊重するとした。また…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 顧客の預金着服した疑い 東邦銀行元行員を逮捕 総額2800万円か 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです