メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン、稲葉監督の契約延長要請へ 東京オリンピック延期受け

野球日本代表の稲葉篤紀監督=東京都港区で、長谷川直亮撮影

 安倍晋三首相とIOCのバッハ会長が東京五輪の延期で合意したことを受け、山中正竹・侍ジャパン強化本部長は24日、野球日本代表の稲葉篤紀監督(47)に、今夏までとされている契約の延長を要請する方針を示した。山中強化本部長は「ここまで長期戦でやってきた。着実に成果をあげており、良い形で(金メダル獲得を)成し遂げてもらいたい」と語った。

 稲葉氏は現役時代からの豊富な国際大会経験を評価されて2017年7月に日本代表監督に就任。19年11月の国際大会「プレミア12」で日本を初優勝に導くなど実績を積んでおり、山中強化本部長は「近々に1年の延長を要請する」と話した。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです