特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「コロナに打ち勝とう!」「前向きに」変わらぬ意欲のパラ競技関係者 東京五輪延期

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国立競技場=2020年3月24日午後5時半、本社ヘリから北山夏帆撮影
国立競技場=2020年3月24日午後5時半、本社ヘリから北山夏帆撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの延期合意を受け、パラリンピック競技の関係者からさまざまな反応が聞かれた。

 視覚障害者柔道の男子100キロ超級で2012年ロンドン大会金メダル、16年リオデジャネイロ大会銅メダルの正木健人(32)は「今年の夏に向けて稽古(けいこ)はしてきたけど、仕方のないことなので、大会が開催されるのなら前向きに取り組むしかない」と2大会ぶりの金メダルに向け、変わらぬ意欲を見せた。

 パラ卓球の岩渕幸洋(25)は自身のツイッターに「中止じゃなくてよかった。まずはアスリートというよりも、オリンピック・パラリンピックに関わるすべての人の健康ファーストで、安全・安心な大会にしてほしい。コロナに打ち勝とう!」と投稿した。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文663文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集