特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『源氏物語 下』『10年後に食える仕事 食えない仕事』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『源氏物語 下』角田光代・訳(河出書房新社/税別3500円)

 角田光代訳『源氏物語 下』、これで『源氏物語』が完結。同時に池澤夏樹個人編集による「日本文学全集」全30巻も完結。角田は数年間この仕事に専心したという。寿(ことほ)ぐと共に、心よりねぎらいたい。

 与謝野晶子に始まり、谷崎潤一郎、円地文子、瀬戸内寂聴と名だたる先人が日本文学最高峰の古典の現代訳に挑んできた。角田もさぞ苦心したに違いない。「何をしてもまるで動じないだろう強靱(きょうじん)な物語だと知った」からこそ、この困難に取り組めたのだろう。

 下巻は全54帖中の「匂宮(におうのみや)」から「夢浮橋(ゆめのうきはし)」まで、いわゆる「宇治十帖」を含む最終の巻。光源氏はこの世になく、その子・薫と孫の匂宮が宇治の姫君・浮舟をめぐり恋のさやあてをする。恋と性が華やかに彩られ興趣は増す。

この記事は有料記事です。

残り1469文字(全文1848文字)

あわせて読みたい

注目の特集