メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『国民食の履歴書』魚柄仁之助・著

◆『国民食の履歴書 カレー、マヨネーズ、ソース、餃子、肉じゃが』魚柄仁之助・著(青弓社/税別1800円)

 これまでにもこのコラムでは、食べもの飲みものにまつわる定説を一から検証する本、たとえば『新しい料理の教科書』や『お好み焼きの物語』などを紹介してきた。続々と、ではないまでも、このところぽつぽつと途切れずに、そういった探究本の刊行が続いている。『国民食の履歴書』もそのジャンルに属する一冊だ。サブタイトルにある、3種の調味料と2品の料理が、どのように日本に馴染(なじ)み、どんなイメージが形成されていったかについて「明治から昭和にかけて出版された料理本や生活雑誌、科学雑誌などに掲載されていた」レシピを集め、試作と試食を重ねつつ、掘り下げていく。

 中でも、肉じゃがの、「どこか懐かしいっていうか、おふくろの味的な」男性の好むおかずというイメージが形成されていったわけを解き明かす章は、読み応えがある。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. 日本、33%で平均大きく上回る 新型コロナ重症化リスク 世界で17億人

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです