メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪王将杯 第7局 相矢倉で最終決戦

王将戦第7局で初手を指す渡辺明王将(左)。右は挑戦者の広瀬章人八段=新潟県佐渡市で2020年3月25日

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦し、3勝3敗のタイで迎えた第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、佐渡汽船、和田商会、囲碁将棋チャンネル協賛)は25日、新潟県佐渡市の佐渡グリーンホテルきらくで始まった。

 佐渡市での対局は3期ぶり5回目。渡辺は2連覇・通算4期を、広瀬は初挑戦で初の王将位獲得を目指す。

 朝から青空が広がるなか、両対局者は両津港近くにある対局室に入った。それぞれ駒を並べた後、三浦基裕佐渡市長が振り駒を行い、渡辺が先手番に決まった。定刻の午前9時、渡辺が7六歩と初手を指して2日間にわたる対局が始まった。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです