メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

赤木さんを忘れない=与良正男

 「そこまで断言して大丈夫なのか」と驚いたのを今も思い出す。

 2017年2月、「森友学園」に国有地が大幅に値引きされて売却された問題で、安倍晋三首相が「私や妻が払い下げに関与していれば首相も国会議員も辞める」と国会で答弁した時のことだ。

 財務省の決裁文書改ざんはこの答弁後に始まり、首相の妻昭恵氏らが出てくる記述が消された。そして翌年、改ざんを上司から強要され、苦しみ続けた近畿財務局職員、赤木俊夫さんは自殺した。

 あの時、国会で首相が「妻も私も軽率だった」と一言謝っていたら、全く別の展開になったのではないか。私はその後もずっとそんな思いを抱いてきた。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです