メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多彩な活躍記した『森鷗外事典』刊行 新曜社

 

 近代日本を代表する文豪、森鷗外(1862~1922年)に関する項目を集めた『森鷗外事典』が刊行された。出版元の新曜社は「小事典などはあるかもしれないが、本格的な鷗外事典は初めて」とアピールしている。

 夏目漱石と並ぶ知識人作家として知られる鷗外は軍医の顔を持つだけでなく、翻訳や美術などさまざまな分野で多くの足跡を残した。本書には鷗外の作品や関連人物など338項目…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです