メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

石原さとみ ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」葵みどり役 未知を知る面白さ

ドラマ「アンサング・シンデレラ」で主役を務める女優の石原さとみさん=滝川大貴撮影

 「ああそうか、薬剤師さんでも夜勤があるんだって。全然知らなかったんです」。連続ドラマ「アンナチュラル」(TBS系)の法医解剖医役など、「医療もの」に出演してきた女優でも、未知の医療の世界があった。4月9日開始の連ドラ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で演じる主人公、葵(あおい)みどりは、総合病院勤務の薬剤師。原作漫画は「面白くて一気読みした」。タイトルにある「アンサング」は「縁の下の力持ち」の意味だ。患者が病状などに関し、医師だけでなく薬剤師にも、もっと相談してもいいんだと知るなど、学びがあったと話す。

 漫画のみどりは病院勤務2年目だが、ドラマではキャリア8年目の「中堅」の設定。若者ならではの「がむしゃらで、勢いのあるキャラクター」とは違う、「経験を踏まえた上での賢さや冷静さ、優しさを持った」主人公像で演じている。ただ、漫画のみどりが持つ「薬や患者を知ろうという向上心」は、ドラマでも表現したいと言う。「知らないことを知るって面白いと、私も思うから」

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです