メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立学校人事 教職員780人異動 女性校長・教頭、最多23人 /栃木

 県教育委員会は24日、2020年度の県立学校の教職員人事(4月1日付)を発表した。異動総数は前年度比135人増の780人。女性の校長・教頭は新任10人を含む23人となり、過去10年で最多となった。また同時に発表した県教委事務局人事では、教育次長と県立図書館長に初めて女性を登用した。

 新任校長の平均年齢は57・0歳で過去10年で最も高くなった。主幹教諭の異動は34人(前年度比16人増)で、うち30人が新任。県立学校と小中学校間の研修交流は転出入合わせて27人(同2人増)だった。【林田七恵】

この記事は有料記事です。

残り10811文字(全文11058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです