昨年の災害対応検証 知事の行動「不適切」 公務外で複数回外出 県が報告 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

知事「防災対策の強化を」

 2019年9月9日に上陸した房総半島台風(台風15号)など一連の災害対応を検証した県は24日、報告書をまとめた。専門家らの検証会議の議論を踏まえ、森田健作知事が災害対策本部や知事公舎を公務外の用事で度々離れたことについて「適切とは言えず、災害に最適な対応がとれる態勢をとるべきだった」と批判。知事は「自身の行動を含め県の対応に対する指摘を踏まえ、今後の防災対策の充実、強化に取り組む」とコメントした。【宮本翔平】

 報告書によると、知事は19年9月9日、千葉市中央区内の公舎に終日とどまり、災害対策本部を設置した同10日に芝山町の私邸に立ち寄り周辺を私的に視察したり、本部会議を開いた同11、13日に散髪など私用で東京都内を訪れたりした。報告書は「9日は県庁で迅速に情報収集、指示を出すのが望ましかった」とし、私的な視察についても「必要性、効果、安全を考慮し、公務として実施」すべきだとした。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1251文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集