メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大野・特養施設の投票偽造 あす判決 被告は無罪主張 地裁 /福井

 2019年4月の知事選で大野市の特別養護老人ホームであった不在者投票で、認知症で意思表示できない入所者5人の代わりに勝手に投票したとして、公職選挙法違反(投票偽造)の罪に問われた元施設長、一乗公博被告(87)の判決が26日、福井地裁(渡辺史朗裁判長)である。福井地検は罰金50万円を求刑したが、一乗被告は「偽造する必要はなかった」として無罪を主張。認知症がある入所者の意思表示能力の有無や略式命令を受けた職員との共謀が成立するかが主な争点で、地裁がどう判断するか注目される。【横見知佳】

 一乗被告は19年4月4日、施設長を務めていた「ビハーラ大野」で不在者投票を実施。入所者5人の投票を職員が代理で記入する際、職員4人と共謀し、勝手に特定の候補者名を記入したとして、逮捕された。

 地検は一乗被告ら4人を略式起訴し、福井簡裁は30~50万円の罰金命令を出した。職員3人の刑は確定したが、一乗被告は不服として正式裁判を求めた。一乗被告は公判で起訴内容を否定し「職員らは入所者の能力がごくわずかでも意思をくみ取ろうとしただけだ。偽造や共謀には結びつかない」と無罪を主張した。

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです