メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長瀬氏著作に紫式部学術賞 都留文科大教授 /京都

 紫式部顕彰会(京都市北区)は、紫式部が生きた時代の歴史・文化・文学に関する優れた研究著作に贈る「第21回紫式部学術賞」に、都留文科大教授の長瀬由美氏(45)が2019年2月に刊行した「源氏物語と平安朝漢文学」(勉誠出版)を選んだ。5月23日に中京区の京都ホテルオークラで授賞式と講演会を行う予定。

 長瀬氏は、源氏物語に白居易の詩が数多く…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです