メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

昭和の戦争を語る/62止 「死」という目標失って=広岩近広 /大阪

 かくして、「敗戦の日」を迎える。1945年8月15日に昭和天皇の「終戦の詔書」(玉音放送)があり、9月2日には米戦艦ミズーリ号上で「降伏文書」に正式に調印した。海軍特攻隊員だった岩井忠正さん(99)と忠熊さん(97)は、次のように振り返る。

    ※   ※

 岩井忠正さん 予想外の結末でした。日本列島は灰じんに帰し、私たち軍籍にある若者が一人残らず戦死してから、日本は敗北するだろう、と覚悟していたからです。敗戦は思いもかけずに早くきて、思いもかけぬ結末だった、というのが私の胸のうちでした。

 死なずにすんだのは喜ぶべきなのに、その喜びが素直にわいてこないのです。死ななくてよかったのだということが、にわかに信じられません。そのような心理下に、私は置かれていたのです。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです