メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平和をたずねて

昭和の戦争を語る/62止 「死」という目標失って=広岩近広 /大阪

 かくして、「敗戦の日」を迎える。1945年8月15日に昭和天皇の「終戦の詔書」(玉音放送)があり、9月2日には米戦艦ミズーリ号上で「降伏文書」に正式に調印した。海軍特攻隊員だった岩井忠正さん(99)と忠熊さん(97)は、次のように振り返る。

    ※   ※

 岩井忠正さん 予想外の結末でした。日本列島は灰じんに帰し、私たち軍籍にある若者が一人残らず戦死してから、日本は敗北するだろう、と覚悟していたからです。敗戦は思いもかけずに早くきて、思いもかけぬ結末だった、というのが私の胸のうちでした。

 死なずにすんだのは喜ぶべきなのに、その喜びが素直にわいてこないのです。死ななくてよかったのだということが、にわかに信じられません。そのような心理下に、私は置かれていたのです。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです