メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー TL 神戸製鋼、好発進も無念の終幕 新型コロナ受け中止 /兵庫

神戸製鋼対キヤノンの試合では、大勢の観客がスタンドを埋めた=神戸市須磨区の神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で、韓光勲撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本ラグビー協会が23日、2月下旬から中断していた今季のトップリーグ(TL)の残り全試合を中止すると発表。攻撃的ラグビーで連覇へ好発進した神戸製鋼にとって、残念な決定となった。

 神戸製鋼は1月12日に開幕した今季のTLで、6戦全勝で勝ち点差2の2位。昨シーズンの日本選手権を18季ぶりに制し、連覇を目指すチームは順調な滑り出しを見せていた。

 2019年秋のワールドカップ(W杯)日本大会の盛り上がりを受けて、観客数は大幅に増加。神戸であった5試合で計約8万7000人が観戦した。ノエビアスタジアム神戸で1月26日にあったサントリー戦では、TLの神戸製鋼の試合で史上最多となる2万6312人を動員。ファンクラブには、昨年を上回る約1万7000件の申し込みがあった。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです