新型コロナ 生活費貸し付け実施 きょうから県社会福祉協 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症の影響で、収入が減少したり、失業したりした世帯を支援しようと、県社会福祉協議会は、生活福祉資金貸付制度を使った緊急融資を行う。一時的な資金援助をする「緊急小口資金」と、数カ月単位で融資を続ける「総合支援資金」の2種類を用意し、25日から受け付ける。

 緊急小口資金は、職場の休業などで一時的に生計の維持が困難になった世帯が対象で、10万円を上限に融資する。世帯の中に、新型コロナ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集