メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ終息、妖怪に願い 水木しげるさんの「アマビエ」 漫画家ら画像投稿 記念館にもパネル展示 境港 /鳥取

島根県隠岐の島町には水木しげるさんの絵をモチーフにした「アマビエ」のブロンズ像が。水木さんは本名(武良)と同じ地区名があったことから生前「ルーツ」と言っていた=同町提供

 世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの終息の見通しが立たない中、疫病流行を予言するといわれる“妖怪”に注目が集まっている。妖怪漫画の第一人者である故・水木しげるさんの作品を扱う「水木プロダクション」が、生前描いた妖怪の姿をツイッターで投稿。その後も漫画家やイラストレーターらが終息を願いソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に画像を投稿する動きが相次いでいる。【小坂春乃】

 妖怪の名は「アマビエ」。光り輝く半人半魚姿で、くちばしのような口を持つ。伝承では、江戸時代に今の熊本県沖に現れて「病気が流行するので、人々に私の姿を写した絵を見せるように」と疫病の発生を予言し海中に消えたとされる。水木プロは17日に「現代の疫病が消えますように」との言葉を添えて画像をアップした。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです