メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

キジバト のどかな低い声で鳴く /長崎

キジバト=長崎県諫早市で、足立旬子撮影

 諫早市永昌東町の本明川河川敷の木の枝に、翼や背に茶色のうろこ模様があるハトが止まっていた。キジバトだ。

 全国の市街地から山地まで一年中見られ、「デーデーポーポー」というのどかな低い声で鳴く。首に青と白のしま模様があるのが特徴。日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(65)によると、つがいで行動することが…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです