メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

新型コロナ 学校再開指針 教育現場「想定内」 対策「一任」には苦悩

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための一斉休校を巡り、学校再開に向けた文部科学省の指針(ガイドライン)が24日公表された。学校で「密閉」「密集」「密着」の3条件が重なるのを防ぐことを呼びかけるのが柱で、19日に政府の専門家会議が示した提言に沿った内容となった。教育現場では冷静に受け止める声が目立った。【千脇康平、野田樹、野村阿悠子、山田豊】

 「(2月の)一斉休校を決めた時点と比べ、ウイルスに気をつける点が見えてきた。大筋で相違ない内容になりそうだ」。大阪市教委の担当者は国の指針をこう受け止めた。新学期からの再開へ向け既に市独自の指針策定に向けて動いており、国の指針は「想定内」。「より効果的な対策を取れるものにしたい」と力を込めた。近く公表する。

この記事は有料記事です。

残り1615文字(全文1943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです