メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

コロナ 中国への影響

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国は1月以降、都市封鎖などの強硬措置を相次いで打ち出した。感染拡大の焦点は、中国から欧州などに移り、中国政府は「感染のピークは過ぎた」と対策の成果を誇示する。とはいえ、政治や経済の混乱はいまなお続く。習近平政権にどのような影響を与えるのか、専門家に聞いた。

「一帯一路」に厳しさも 川島真・東京大大学院教授

 中国は今、新型コロナウイルスの封じ込めから、原状回復へと大きく局面を転換しようとしている。ただ国内では最も重要な政治日程である全国人民代表大会(全人代=国会)が延期されたままで、感染が沈静化しない限り、開催の見通しは立たない。経済立て直しのため、武漢市でも許可制で大規模工場を再開したが、労働者が戻れないところもあり、生産活動全般が正常化するにはまだ時間がかかる。国内総生産(GDP)への悪影響も大…

この記事は有料記事です。

残り4176文字(全文4548文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです