メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「エミリーとはてしない国」翻訳 田中奈津子さん(62) 想像力で悲しみ乗り越え

 重い障害を持つ姉を亡くした12歳の少女エミリーが、「想像する力」によって悲しみを乗り越える姿を描いた「エミリーとはてしない国」(ケイト・ソーンダズ作、ポプラ社)が出版された。翻訳者の田中奈津子さん(62)に、作品に込めた思いを聞いた。【聞き手・山寺香】

 物語は、エミリーが想像の国「スモカルーン」と現実世界を行き来したり、ぬいぐるみやおもちゃがしゃべったりします。「不思議の国のアリス」と映画「トイ・ストーリー」を合わせたような要素があり、子どもたちを引きつけます。

 作品の底流には、身近な人を失った苦しみをどう昇華させるかという深いテーマがありますが、ユーモア好きの英国人の作者らしく、思わずクスッと笑ってしまうような場面がちりばめられ、すっと読み通すことができるのが魅力です。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです