メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

福田隆さん、隆太さん=江戸組みひもの技を受け継ぐ

作業する組み台は職人ごとにあり、隆さん(右)、隆太さん専用のものを使う。天板は心を映す「鏡」と呼ぶ。

 カラン、コロン……。江戸の名残が漂う東京・日本橋富沢町の工房から、絹糸を組む軽やかな音が聞こえてくる。

 「糸偏の字を思い浮かべてください。結、紡、絆、縁……。私たちの仕事は糸を通して人と人とをつないでいくこと。そこが組みひもの原点です」と隆さん。6色に染めた国産絹糸を重し入りの玉を使って組む「御岳組(みたけぐみ)」の帯締めには粋な江戸職人の魂が宿る。

 隆さんの父が始め、跡を継いだ工房の名は「龍(りゅう)工房」。昨年は創業130年を迎え、さらに隆さんが「現代の名工」となった。4年前から夏休みに親子で伝統工芸の技に触れるイベントを切り盛りするほか、映画「君の名は。」で主人公・三葉が祖母から受け継ぐ組みひものシーンを監修し、東京オリンピックの聖火リレーでは、日本橋を走る候補にも選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです