メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきものと生きる

逃げたアメリカザリガニ=五箇公一

 つい最近インターネット上で、食用色素入りの餌を食べさせて青やオレンジなどカラフルな体色に変えたアメリカザリガニが、子供たちの科学教材として注目されているという記事を目にして、複雑な気持ちになった。

 アメリカザリガニは名前の通り北米原産の外来種である。外来生物法で「要注意外来生物」に指定されており、日本国内では野生化個体が増え過ぎていて、生態系に悪影響を及ぼす厄介者とされている。それゆえこの外来ザリガニを子供の教材として薦めることは生態学的にはあまり歓迎できる話ではない。

 もともとアメリカザリガニは、北米から輸入された食用ウシガエルの養殖用の餌として、1927年に輸入が始まった。戦後復興時の食料難の時代には、貴重なたんぱく源として人間の食用にもなった。その意味で、日本人の命の恩人でもあった本種だが、今では誰も食べなくなってしまい、逆に有害な外来種扱いされているのは、少しふびんにも思える。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  5. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです