メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

象牙の取引規制、都が検討

密輸出しようとしたアフリカゾウの牙など=千葉県成田市の成田空港で2020年1月14日午後2時39分、中村宰和撮影

 <くらしナビ・環境>

 ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙について、東京都は有識者会議を設置し、独自の取引規制が必要か検討を始めた。政府は国内取引を容認するが、土産物として国外へ違法に持ち出されていることなどが国際社会から問題視されている。東京オリンピック・パラリンピックに向け、都は実効性ある対策を打ち出せるか。【五十嵐和大】

この記事は有料記事です。

残り1905文字(全文2074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです