メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

がん治療と仕事の両立支援=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

「治療と仕事の両立支援ナビ」より

 「先日、従業員が肺がんの診断を受けたようなのですが、肺がんのことをインターネットで調べると膨大な情報が出てきて、よくわかりませんでした。会社の人間が診察に同席したり、相談窓口で情報を聞いたりすることはできるのでしょうか」

 事業主の方からの電話相談です。その後、患者さんの了承を得たうえで、上司の方に、治療の見通しや配慮すべき事項をお伝えするなど、職場復帰のお手伝いをした経緯があります。

 事業所と医療機関の連携についての課題は、複数の領域から報告がなされています。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです