メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 当事者研究に取り組む=東京大先端科学技術研究センター・熊谷晋一郎

自分の「身体」と「物語」に迫る

 さまざまな当事者研究の話を紹介してきたが、最後に当事者研究に取り組む際のポイントを紹介する。狭い意味での障害がなくても、仕事や子育て、人間関係などで苦労や困難を抱えている人は、誰でも当事者研究を始められる。

 他の研究と異なるのは、対象が他の人や事物ではなく自分だということだ。子育てで困っているなら、子どもではなくて困っている自分を研究する。パートナーとの関係でもついつい相手を研究しがちだが、自分を顧みる。

 まず押さえておきたいのは、研究対象となる「自分」は二つの要素でできているということだ。一つは生まれ持った「身体」。もう一つは「物語」で、仮に身体が双子のようにそっくりでも生きてきた歴史は違う。当事者研究は、この二つの側面から自分を明らかにする。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです