メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪延期 1年後でも難題 世界水泳と日程重複

 今夏の東京オリンピックは1年程度延期される見通しになった。今年秋や2年後も候補だった。メリットやデメリットを比べた。【大島祥平】

 ●今秋

 今年秋の場合、懸念されていた酷暑での大会は避けられた。選手たちはピークを夏に合わせてきたものの、影響は比較的少ない。

 最大の問題点は、新型コロナウイルスの影響が世界的に終息するか見通せないこと。現在、練習環境が制限されている選手たちが十分な調整時間を得られるかも課題だった。

 また近年の五輪の競技日程は、国際オリンピック委員会(IOC)に巨額の放映権料を支払う米NBC放送の意向を色濃く反映している。秋開催は、米プロフットボールNFLなど人気スポーツが時期的に重なることから、NBC側が難色を示す可能性もあった。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです