メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

換気・マスク徹底 学校再開指針 「想定内」現場冷静

間隔を空けて着席し、修了式に臨む児童たち=大阪市天王寺区の市立真田山小学校で、小出洋平撮影

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために政府が要請した全国一斉の臨時休校について、文部科学省は24日、新学期の学校再開に向けた指針(ガイドライン)を全国の教育委員会などに通知した。学校でのクラスター(感染者集団)化を防ぐため、教室の換気や授業中のマスク着用などを促している。

 通知は政府の専門家会議が19日に示した「密閉」「密集」「密着」の3条件が同時に重なる場を徹底的に避けることが重要として、教室のこまめな換気▽マスクの使用▽手洗いやせきエチケットの励行――を要請した。給食時に机を向かい合わせにしないことなども明記した。【水戸健一】

 文部科学省の指針は学校で「密閉」「密集」「密着」の3条件が重なるのを防ぐことを呼びかけるのが柱。教育現場では冷静に受け止める声が目立った。

 「(2月の)一斉休校を決めた時点と比べ、ウイルスに気をつける点が見えてきた。大筋で相違ない内容になりそうだ」。大阪市教委の担当者は国の指針をこう受け止めた。新学期からの再開へ向け既に市独自の指針策定に向けて動いており、国の指針は「想定内」。「より効果的な対策を取れるものにしたい」と力を込めた。近く公表する。

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. コロナで経済苦の女性狙う キャバクラに勧誘容疑で少年逮捕 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです