メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

換気・マスク徹底 学校再開指針 「想定内」現場冷静

間隔を空けて着席し、修了式に臨む児童たち=大阪市天王寺区の市立真田山小学校で、小出洋平撮影

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために政府が要請した全国一斉の臨時休校について、文部科学省は24日、新学期の学校再開に向けた指針(ガイドライン)を全国の教育委員会などに通知した。学校でのクラスター(感染者集団)化を防ぐため、教室の換気や授業中のマスク着用などを促している。

 通知は政府の専門家会議が19日に示した「密閉」「密集」「密着」の3条件が同時に重なる場を徹底的に避けることが重要として、教室のこまめな換気▽マスクの使用▽手洗いやせきエチケットの励行――を要請した。給食時に机を向かい合わせにしないことなども明記した。【水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り2035文字(全文2304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです