メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府、海外渡航延期を強く呼びかけへ 「リスク十分認識を」 感染で帰国できない例も

外務省=米田堅持撮影

[PR]

 政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大しているのに日本人旅行者が海外渡航して感染したり帰国できなくなったりする事態が相次いでいるため、海外渡航延期を強く呼びかける方針を決めた。外務省幹部は「旅行会社や個人旅行者は渡航のリスクを十分認識してほしい」と指摘する。

 海外渡航者の帰国後の感染例が相次ぐほか、渡航先の移動制限に巻き込まれるケースも多い。外務省は全世界を対象に感染症危険情報のレベル1(渡航に十分注意)を出しているが、さらに注意を呼びかける方針だ。

 外務省によると、23日時点で50カ国以上が国際線の運航を停止。今後同様の措置を取る国が広がる恐れがあるという。ペルーは16日夜、全土で空港や港、陸路などを封鎖し、世界遺産のマチュピチュ遺跡や「ナスカの地上絵」で知られるナスカ台地などを団体や個人で訪れていた日本人旅行者約230人が帰国できなくなった。政府はペルーに封鎖の一時解除を要請し、日本の大手旅行会社によるチャーター機派遣や台湾派遣のチャーター機への同乗などを検討している。

 インドやフィリピンでは国際線の減便が相次ぎ、外務省が日系航空会社などの臨時便の利用を呼びかける。サウジアラビアは全国際線の運航を停止する。【田所柳子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです