メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在外公館で新たに職員3人の感染確認 米国と北マケドニア

[PR]

 外務省は25日、米国と東欧の北マケドニア(旧マケドニア)にある日本大使館の日本人職員計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも自主隔離しており、濃厚接触者がいないか確認を進めている。

 在米大使館では現地採用の日本人職員2人が16日に発熱などの症状が出たため自主隔離し、24日に感染が確認された。

 北マケドニアの大使館員は、東京オリンピックの聖火採火式・引き継ぎ式に対応するため、8日から17日までギリシャ・アテネで勤務していた。18日に発熱などの症状が出て24日に感染が確認された。

 外務省の職員では、在チェコ日本大使館の現地採用のチェコ人職員1人の感染が20日に確認されている。【成沢健一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです