メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢明な判断か、経済悪化に追い打ちか 五輪延期決定、各国も複雑な反応

安倍晋三首相(左)とIOCのバッハ会長

 新型コロナウイルスの感染拡大による東京オリンピック・パラリンピックの延期決定に、各国などからは「賢明な判断だ」との声が相次ぐ一方「遅すぎた」という批判も出た。また、経済界からは業績悪化に追い打ちをかけると延期の影響を懸念する声も上がる。

 「世界中から圧力と選手の反対が強まり、国際オリンピック委員会(IOC)と日本政府が急速に方針転換を決めた」(ワシントン・ポスト紙)。米メディアは、現場の選手から予定通りの開催に反対する意見が相次いだことが判断の大きな理由になったとの見方を伝えた。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「安倍晋三首相と(IOCの)バッハ会長は1週間前、世界が新型コロナウイルスの世界的流行に勝ち抜くための鎮静薬になるとして、東京オリンピックの開催を推し進めていた。だが、勝ち抜いたのはウイルスだった」と報じた。

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. 東京で新たに13人感染確認 検体数少なく件数下がる 新型コロナ

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです